WPアップデートの基本

ようやくこのBlogもWP ME 2.0.1へアップデートしました。

メジャーアップデートはほぼ1年ぶりということで、初めてアップデートに挑戦される方もいらっしゃるかと思います。WordPressはインストールも簡単なのですが、アップデートもすごく簡単に行うことが出来ます。というわけで、アップデートの手順なんかをまとめてみました。

基本はWordPress Japanのアップグレードの項の通りに作業すればOKです。メジャーアップデートもマイナーアップデートも作業は同じです。

  1. パッケージのダウンロード

    ダウンロードページから必要なファイルをダウンロードします。メジャーアップデートの場合は wordpress-me**.zipを、マイナーアップデートの場合はme**-to-**.zipをそれぞれダウンロードしましょう。ダウンロードしたら、適当な場所に展開しておきます。

  2. 現在のファイルを保存する

    万が一に備えて、現在のWordPressの構成ファイル等をバックアップしておきます。もちろん画像やテキストファイルなんかもまとめてバックアップしておきましょう。

  3. データベースのバックアップを作成する

    特にメジャーアップデートの場合、データベース構造が変更になっている可能性が高いです。こちらも万が一に備えて、バックアップを作成しておきましょう。もちろん日々のバックアップも重要ですよ!

  4. 現在使用しているプラグインの停止

    アップデート作業にプラグインが悪さをしないよう、またバージョンアップによってプラグインが動作しなくなることもありますので、事前に停止しておくのがベターです。

  5. ファイルのアップロード

    1で展開したファイルをすべてサーバにアップロードします。特にwp-config.phpmy-hacks.phpは上書きしないよう気を付けましょう。

    本家では事前にすべてのファイルを消してからとなっていますが、必要なものまで消してしまうおそれもあるので、上書きで行うのがよいでしょう。特に1.5系→2.0系でのアップデートではwp-imagesディレクトリがなくなったりしていますので、画像の保存に使っていた人は削除しないよう、注意が必要です。

  6. アップグレードの実行

    ひとまずBlogにアクセスすると動いているように見えますが、まだもう少し作業が必要です。管理画面にログインすると、
    データベースアップグレードの警告
    こんな表示が出てきます。これはデータベースの構造が変更になったために必要な作業です。指示に従ってリンクをクリックします。

    アップグレード初期画面
    すると、こんな画面になります。こちらも指示に従ってリンクをクリックしましょう。

    アップグレード完了!
    これでアップグレードの作業は終了です。拍子抜けしましたか?

  7. プラグインとテーマの動作確認

    ここからは動作検証です。プラグインを必ず一つずつ有効にして、きちんと動作するかどうか確認していきます。問題があった場合は、プラグイン作者のページで対応状況を確認してみましょう。

WordPressの本体に色々と手を加えている場合は、アップロード前もしくは、動作確認後にあらためて作業ということになります。動作確認をスムーズに進めるためにも、後で行った方がよいでしょう。

『WPアップデートの基本』を含むはてなブックマーク 『WPアップデートの基本』をはてなブックマークに追加

0 トラックバック & ピンバック

  1. ドブログ[Do-Blog]

    WordPress2.3.2日本語版へのアップデート…

    以下、備忘録。

    WordPress | 日本語より、WordPress2.3.2日本語版をダウンロード。右メニューにボタンがあります。
    FTPしたファイルをローカルに (more…)

    トラックバック by ドブログ[Do-Blog] — 2008年1月30日 @ 11:42:04

コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post