F1 USA GP

昨日は結局コンフェデ杯も新感線の方も見ないで寝てしまったのですが、F1も凄いことになっていたそうですね。出走がブリヂストンユーザの3チームのみ、ミシュランユーザはすべて棄権とは…

原因はタイヤの安全性が確保できないからだそうですが、ミシュランの取った出走停止による安全確保、そしてFIAは悪しき前例を作らなかったということで、双方のとった対応はあれでよかったと思います。しかし一方で、レギュレーションに適合しないタイヤを持ってきたミシュランも悪いし、1レースにつきタイヤ1セットという結構無茶な(これは主観ですが)レギュレーションを作ったFIAも悪いよなぁと思うのです。

コスト削減という名目の元にどんどんF1がつまらなくなっているような気がしてなりません。


20. 6月 2005 by Castaway。
Categories: Diary | F1 USA GP はコメントを受け付けていません