StartMac:いよいよセットアップ

startmac

…というわけで、ようやくMacBookのセットアップです。この辺調べてなかったのですが、キチンとできるかちょっと不安でした。WindowsとかSolarisなら経験あるけど、Macは本当に初めてですから。

パッケージを開けたところ

パッケージを開けようと思ったら、もう開封されてました。2GBにメモリを増量したので多分そのときに開けたんでしょうね。ちょっとびっくりしちゃいましたよ。

緩衝材には今時珍しく発泡スチロールです。MacBookの文字が入っているのがAppleらしいと思いましたが、段ボールの緩衝材の方がいいんじゃないかなぁ… あまり美しくないかもしれませんが。

箱から出してみました

箱から出して、記念撮影(^^; 内容物は実にシンプルですね。ACアダプタにApple Remote、あとは簡単なマニュアルとリカバリ用のメディアだけです。メーカ製PCのようにいろんな冊子がついてきたり、チラシや体験版といったあまり必要じゃないものが入っていないのがいいですね。

実物を目の前にして、テンション上がりっ放しです。手に取って一通り眺めてみます。やっぱりデザインがいいなぁと改めて思います。ACアダプタをつないで、早速電源オン!

いきなりドライブからアクセス音が出てびっくりしてるところに、ジャーンという起動音。ビックリさせないで〜 音量ちょっと大きすぎかな。あとモニタの明るさもちょっと眩しい感じです。

で、セットアップ作業ですが、スクリーンショットも写真もないので簡単に感想など。ダイアログがクルッと回転するエフェクトがかっこいいですね。大学の先生が使っていたプレゼンソフトを思い出します。途中のネットワークの設定もAirMac Extremeの設定を入れると、キチンと繋がりました。よかったよかった。あと、アカウントのアイコンをiSightのカメラで撮っちゃうってのは面白いですね。でも、結局ネコのアイコンにしましたけれど。

まずはアップデート

起動したら、早くもソフトウェアアップデート。今日はちょうどセキュリティアップデートもあったのでグッドタイミングというべきでしょうか。

ファーストインプレッションですが、まずはフォントがキレイですよね。アンチエイリアスがきっちりかかっててます。ちょうどWindowsのCreaTypeを有効にした感じです。次に起動の早さ。あっという間に立ち上がるので、すぐに使えます。聞くところによると、スリープからの復帰も早いそうなので、いちいち終了させなくてもいいかも。

Windowsとのファイル共有もシステム環境設定→共有から簡単にできました。Sambaが動いてるのかな?

ちょっと戸惑ったのが、ウィンドウを閉じたと思ったら閉じてなかったこと。Dockに三角印がつきっぱなしでした。メニューから終了させるにもカーソルの移動量が多いのが難点かな。キーボードショートカットを早く覚えたいところ。関連して、カーソルの動きが遅いような。デフォルトだとちょっとイライラしそう。

入力関係ではIMEのことえりも意外に使いやすいですし、全角半角の切り替えも[英数]キーと[かな]キーでというのもすぐにわかりました。ファンクションキーの使い方もWindowsと同じでいつもの感覚で入力できています。

全体としては、「簡単」を強調しているだけあってスッと使えるという印象です。UNIXベースだけあって、Solarisを普段仕事で使っている身にはターミナルからいろいろできそうな感じもしますが、今日はここまで。ソフトを入れたり、使いやすくしたりというのは日曜あたりになりそうです。

もっともっと可愛がってあげたくなるマシンですね。


25. 5月 2007 by Castaway。
Categories: Mac | Tags: , | 4 comments

Comments (4)

  1. Solaris使いでしたら、リカバリーディスクから
    X11とかgccとか開発キットを入れることをおすすめします。
    あと、XCodeとか。
    #もしかして、今の機械はデフォルトではいってる?
    /Developer
    が有れば入っています。
    そうすると、いちおうUNIXマシンとしても使えます。

  2. >通りすがり さん
    情報ありがとうございます。

    確認してみたところ、/Developerはないようですので、後からインストールしなきゃいけないみたいですね。

  3. こんにちは。新しいMac、いいですね。
    ところで、Windowsと違い、Macの場合は
    「ウインドウを閉じる」=「アプリケーションを終了する」ではありません。
    そのためウインドウを終了してもアプリケーションは起動したままであり、ドックのアプリケーションのアイコンについている▲も消えません。(▲は起動しているアプリケーションにつくものなので)

    メニューまでカーソルを移動させるのは確かに面倒なので、ショートカットを使うと良いと思います。
    コマンドキー(アップルマークのキー)+W がウインドウを閉じる、
    コマンドキー(アップルマークのキー)+W がアプリケーションを終了する
    です。
    ここで、Windowsでは同様の操作をコントロールキーと組み合わせて行いますが、その際多くの人が小指でコントロールキーを押す事に慣れているため、Macでコマンドキーを押す事に初めは馴染めないかも知れません。
    コマンドキーは小指で押すのではなく、親指で押した方がよいかもしれません。

  4. >よし さん
    アドバイスありがとうございます。

    「ウインドウを閉じる」=「アプリケーションを終了する」ではないんですね。
    似ているようでも、やっぱり違いはあるんですね。

    ショートカットキーはやっぱりよく使いそうなので、一覧でも創ってみようかなと思います。