読書日記:『セカンドウィンド 1』

弟からセカンドウィンド 1を渡されたので、読んでみました。『サクリファイス』と同じくサイクルロードレースを扱った小説ですが、こちらは青春小説。

まず最初に感じたのが、走っているときの描写が目に浮かぶよう。峠を走っている場面なんか、自分が通ったことのあるきつい峠を思わず思い出してしまいました。きつい峠はほんとに壁みたいなんですよ〜

主人公の父を巡る祖父との確執や、ジュニアチームの監督との関係とか、まだまだ伏せられていることも多いし、何よりそこで終わり?、続きは!?というような終わり方なので、早く続きが読みたいです。


29. 12月 2007 by Castaway。
Categories: Books | Tags: | 読書日記:『セカンドウィンド 1』 はコメントを受け付けていません