読書日記:『ラブコメ今昔』

というわけで二冊続けて有川浩。これも図書館で借りてきました。『レインツリーの国』とは打って変わってラブコメ短編集。しかも主人公はみんな自衛隊員。お得意の分野ですね。多分ノリノリで書いていたに違いない(^^; そんなことが伝わってくる物語でした。

『トップランナー』を見たときに初めて知ったのですが、世間ではベタ甘系というそうで。帯にもしっかり書いてありました。自分が最初に読んだのが『ストーリーセラー』だったので、そんなことは露知らず。思い返せば『塩の街』がそんな感じだったかなぁ。

おなじみブルーインパルスの話も出てきて、一応航空祭がカメラ好きには人気だという知識があるので、おーあれかみたいな感じで読めました。いつも見させていただいているPiP PuP Gii2さんのエントリーを思い出しちゃいました。

個人的には『秘め事』の対決部分が面白かったですわ。いかにも自衛隊員ならやりそうな感じ。そういえば友達に自衛隊員がいるんだけど、実際のところはどうなんだろうなぁ。この本も相当取材して書いてるんですけど、実際に聞いてみたいかも。というか中の人はどう思うんだろうみたいな。


31. 1月 2009 by Castaway。
Categories: Books | Tags: | 読書日記:『ラブコメ今昔』 はコメントを受け付けていません。