読書日記:『傷つきやすくなった世界で』

年末に本屋に行った時に購入した本です。平積みの中から適当に選んだので、中身はあまり見ないで買っちゃいました。エッセイ集なのは確認しましたけどね。R25で連載していたものというのは、読んでから知りました(^^; たしか巻末のあたりに掲載されてたものだったと記憶しています。最近はR25もすっかり手に取らなくなってしまったので…

印象に残ったのは、『残業禁止法、制定』の回でしょうか。残業が無くなって早く帰れれば色々とやりたいことがありますからね〜 こないだ同期と飲んだ時に話したのですが、ノー残業デーでも帰ってやることがないという先輩がいるなんてのがちょっと信じられないんですよね。お酒飲みに行ったっていいし、暖かくなったらカメラ持ってでかけたっていいし、それこそ本読んだっていいわけで、そんなにやることないか?と思うんです。

上司を見てると、仕事が全てみたいな人もいますけどね。個人的にはそうはなりたくないかな。SMPCの方達や、同期でも複数の活動してたりする人がいるので、そういった人を見てても、仕事だけというのは、選択肢としては無いような気がするんです。

文庫版のあとがきの、自分の人生も、自分の心も、自分のもの、という言葉がよかったです。山田玲司の『資本主義卒業試験』の失ってはいけないものの3つめですね。(あっ、去年読んだけどエントリーしてない…)


22. 1月 2012 by Castaway。
Categories: Books | Tags: | 読書日記:『傷つきやすくなった世界で』 はコメントを受け付けていません。