観劇日記:『髑髏城の七人 Season鳥』

ということで、花に続いてIHIステージアラウンド東京で観てきました。観てからちょっと時間が経ってしまったので、簡単に。

たいしたことは書いていないけど、毎度のごくネタバレ注意。

歌と踊りがあるというので、アオドクロ的なのを想像してたのですが、意外に少なくてむしろ97年のに近い印象。パンフに載ってた準劇団員による昔ながらの劇団☆新感線がぴったり当てはまるといった感じ。

舞台セットは変わらずに見せ方が変わったので、また花の時とは違って新鮮でした。

新鮮といえば、忍者姿の捨之介。意外とアリですね。ラストも贋鉄斎とペアではなく、みんな揃っての百人斬りで。

昔はそんなことなかったけど、後半の無界屋のシーンでちょっとうるっときてしまいます。話の筋もわかってるのにねぇ。

一番インパクトがあったのは池田成志の贋鉄斎じゃないかしら。せっかくいのうえ歌舞伎初登場なのに、いつものネタものと変わらないのが… 阿部サダヲとの絡みは手加減なしだったような。


17. 8月 2017 by Castaway。
Categories: Play/Movie | Tags: , | 観劇日記:『髑髏城の七人 Season鳥』 はコメントを受け付けていません。